東京都公安委員会古物商許可番号 第308871208057

オルモックエンタープライズ株式会社

住所: 東京都立川市柴崎町一丁目18-24パルコート柴崎B

TEL:042-519-3878 FAX:042-519-3879

第二回MOVE展 in Shanghai~日本現代芸術品評会~

第二回MOVE展 in Shanghai~日本現代芸術品評会~

展覧会名:第二回MOVE展 in Shanghai~日本現代芸術品評会~ 会期/2016年12月10日~1月7日までの約1か月間 主催/オルモックエンタープライズ株式会社/WEAC 会場/上海風月舎画廊 *詳細は、電話またはメールにてお問い合わせください。 TEL:042-519-3878 Mail:WEAC@orumok-e.com 出展サイズ/10号+SM号の2点 日本現代芸術品評会審査員 張 徳群(上海視覚芸術学院教授)/王 子強(画廊マネージャー) 陸 明冬(上海悦禄有限公司法定代表人)/从 方正(現地著名画家) 許 璞(骨董品コレクター) 特典:品評会審査員や会期中に来場されたお客様による投票をもとに優秀アーティストを選出します。選出された上位3名のアーティストには特典として以下の出品資格を無料にて提供いたします。    SM号以下6点の作品を展示いたします。*優秀アーティストや特典展示会期は品評会終了後に該当者のみに通知いたします。 昨年、大好評だった企画の第二回開催が決定いたしました。 中国アートシーンの中心的存在として、世界からも注目を集めている上海M50芸術村。蘇州河沿いにある紡績工場跡を改装し、現在150軒以上ものアート系店舗が集積しています。世界各国のアーティストやアート関係者が集まるM50では、日本人芸術家にも高い関心が寄せられています。 そしてこの度、現代日本芸術家が世界のアートシーンにおいて、より一層活躍できるよう、厳選された審査員による「日本現代芸術品評会」を開催する運びとなりました。品評会には現地芸術学院教授をはじめ、美術品コレクターや現地著名作家らが審査員として参加します。美術の専門家だけでなく、一般購入者の目線からの評価も取り入れ、幅広い意見を集める予定です。 この品評会を通じ寄せられる貴重な意見が、みなさまの今後の活動に活かされることを願っています。 現在、中国の都市部では、近年の経済発展に伴い、これまで困難と考えられていた「海外美術品販売」が、一般市民・企業の間へ浸透しており、2012年度中国の美術品市場のシェアは世界の40%を占めるにまで成長しております。※フランスアートプライス社調べ                                              
第三回MOVE展inBerlin

第三回MOVE展inBerlin

展覧会名:第三回MOVE展 in Berlin 会期/2016年5月22日~7月2日まで *7月3日午後1時よりオークション開催 主催/オルモックエンタープライズ株式会社/WEAC 会場/KUNSTGALLERY PRINZ https://sites.google.com/site/kunstgalerieprinz/ TEL:042-519-3878 Mail:WEAC@orumok-e.com *詳細は、電話またはメールにてお問い合わせください。 今年で3回目を迎えるMOVE展inBerlinが開催しました。 初日に開催したレセプションには多くのお客様が来場され、多くの作品に問い合わせがあり、すでに売却された作品も多くあります。 画廊《KUNSTGALLERY PRINZ》は、ベルリン市内でも三本の指に入る高級住宅街と呼ばれ、高級な一軒家が建ち並んでおります。 KUNSTGALLERY PRINZも一軒家を利用したギャラリーとして有名で、生活の中でアートがどのように見えるのかなど、実際の家に飾った雰囲気を味わっていただき、実際の販売に繋げているそうです。 オーナー自身がたくさんの顧客を抱えているため、会期が終わった次の日にオークションを行い、期間中に販売できなった作品にも販売の機会を与えております。 今回の展示作品やオークション出品作品は下記のサイトに登録されております https://picasaweb.google.com/116991560617045350291/6279315789291727409                                                            ...
MOVE展 in TASMANIA

MOVE展 in TASMANIA

展覧会名:MOVE展 in TASMANIA このたび、オーストラリア・タスマニア州にてMOVE展in TASMANIAを開催することになりました。                                         本展は、日本人芸術家の海外での作品発表と作品販売を目的としております。  また、もう1つ目的が国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストに絶滅危惧指定されている「タスマニアデビル」の支援活動や広報活動をするためです。  タスマニアデビルは2008年に絶滅危惧に指定されてからも多くの頭数が死んでおり、国をあげて絶滅から救う為の努力が活発に展開されています。国際的な支援もあり現状は80%の頭数減から何とか頭数維持を保っています。しかしながら、原因であるデビル顔面腫瘍性疾患(DFTD)と呼ばれる珍しい接触伝染性の癌(がん)の治療方法はまだ見つかっておらず、一度感染すると3ヶ月で必ず死に至るという絶望的な状況は変っていません。 タスマニアでは以前にも家畜を襲う害獣という誤った認識が農家の間で広まったために、駆除が奨励されて絶滅に追いやられたタスマニアタイガーと同じ過ちを繰り返したくないという願いのもと、何とかこの危機を脱する為に、保険個体の隔離飼育、ワクチン開発の研究、感染固体をエリアから除去したうえでの野生への再導入等、州政府、タスマニア大学、各種野生動物保護団体、一般市民が力を合わせています。 これまでに数万匹が感染によって命を落としているこの病気は、感染すると口元や頭部に大きな腫瘍が形成され、エサを食べることや呼吸をすることが困難になります。世界でも自然発生的な伝染病のみを原因として動物が絶滅に瀕する初めての例といわれ、死肉を主食とするタスマニアデビルの宿命である交通事故死等の環境的な要因が加わり、加速度的に個体数が減少しているのが実情であります。 他の動物の死骸を骨から皮まですべて環境からクリーニングしてくれるタスマニアデビルの存在はエコシステムの重要な守り神であり、デビルが絶滅すると連鎖的にタスマニアしか生息しない数々の野生動物達が腐肉からの病気の蔓延や野生化した猫(feral cat)等により、さらに絶滅に追いやられる心配も出てきています。  本展では、日本でのタスマニアデビルの紹介・広報活動も行うとともに、展示会の収益の一部と作品が売却された際の売上金額の5%を、タスマニアデビルの保護活動に寄付をいたします。 会場も多くの有名アーティストが個展を開いているタスマニアで有名なギャラリーの全面協力での開催となり、オーストラリア人キュレーターが展示会開催から宣伝、紹介、販売に至るまでバックアップいたします。また、出展証明書のほか、後援に入っている各団体より、厳正な審査のうえ賞も出されることになっております。  今回、指定の作風で描かれた作品に関しては、出展費用の助成金が適用され割引がされます。これは現地のオーストラリア人が日本人の作品を購入したいという希望者が多いため、1点でも多く販売したいという考えからです。できるだけ多くのお客様に気に入って購入していただけるよう、現地リサーチ会社が事前にアンケートを行った際に多かった意見をもとに作風や条件などを選定しております。  オープニングでは、政府要人、協力団体の方、美術品コレクターや愛好家などを招いてのパーティーも行われます。現地視察も催行いたしますので、是非ご検討ください。  WEACでは、固定概念にとらわれず、今までにない展示方法に取り組み、新しい展覧会の発信に力をいれていきます。ご多忙中のこととは存じますが、何卒ご理解を賜り、本展へのご出展くださいますよう、宜しくお願い申し上げます。 2016年6月11日(土)から多摩動物園にて2匹のタスマニアデビルが展示公開されます。  詳細は東京ズーネットで検索してください。 東京ズーネット⇒http://www.tokyo-zoo.net/ 会期/2016年9月15日~9月18日まで 募集点数/100点 募集条件/平面作品で6号以内1点*額無しです       プロアマ問わず、本展の主旨に賛同していただける方 主催/オルモックエンタープライズ株式会社 後援/オーストラリア議会・スティーブンパリー上院議長    クレランス市    WEAC    Save the Devil Appeal    Impressive Tasmania    Soroptimist International Hobart    Clarence Arts and Events    The Barn at Rosny Farm    THE OLD WOOLSTORE 他多数の団体・企業 会場/The Barn...
海外出展(絵画・立体・工芸)相談承ります

海外出展(絵画・立体・工芸)相談承ります

~海外出展相談について~ 弊社では国内はもちろんのこと、海外での展示・販売にも力を入れております。 現在、日本・ドイツ・中国の画廊オーナーや画商と提携をしており、現地での展示や販売の為の展覧会を数多く催しております。 ・海外で発表したいがどうしたらいいのかわからない! ・良い場所でやりたいが経済的に難しい! ・もっと発表の場を増やして、活動の幅を広げたい! グループ展・企画展・個展など様々な形での出展・応募形態があります。 過去の活動履歴・受賞歴などは一切問いません。お気軽にご相談下さい。 お問い合わせの際に、海外出展の相談とお伝えください。